守口市の山本ピアノ&ヴァイオリン教室

音楽を楽しんでいけるように音楽が心の支えになるように応援します

 簡単な曲を自由に弾けるようになってほしいと願う親御さんへ、幼い子供達が心豊かに健やかに育つようお手伝いします。幼稚園から導入は楽しく音楽の基礎を学びます。

小さいお子様から大人の方まで幅広く楽しい指導をさせていただきす。

 

♪音楽が今こそ必要なわけ

子供に必要な様々なことが(視覚と聴覚)バランス良く見につけれる。

生楽器は音が共鳴して倍音が生まれ様々な音の響きがあり、自然界の音を聴くことで聴覚に良い刺激をもたらします。

自然界の音に近い生楽器の必要性。

 

♪習い事をする理由

子供は自分の思うままに行動します。家や集団でのマナーやルールの中で細やかなところまで指導できません。

「1対1での学びの場所」が大切になってきます。


無理をせず心身の成長と共に

 幼児には、いきなり五線上の音符を読ませることは期待せず。はじめは、五線なしのプレリーディングから入り、リズムや音の上がり下がりをいろいろな方法で体感してから五線読みに入って行きます。読譜力をつけておけば、練習時間が少なくてすむし、ピアノを習うことに対する負担がへります。

 子供の個性はさまざまで、せめて音楽とかかわる場では個性を尊重し子供たちをそのままの姿で受け入れてあげたいと思っています。小学校入学前は、あまりむきにならないでください地道にやっていくと、あるとき急に能力が伸びます。

 

音楽教育の目標

  1. 幅広い音楽基礎能力の育成(音楽が好きでできる人)
  2. 音楽を通じての人間形成(心の豊かな、一生懸命生きる素敵な人間になってほしい)

子供のやる気を出す8カ条

 

  1. できることをほめる。
  2. 他と比べるようなことは言わない。
  3. 子供の力を信じて待つ、自主性を持たせる。
  4. 子供の練習に関心を持つ。
  5. 音楽は楽しいと、まず親が実感し示す。
  6. 子供の目線で考える。
  7. レッスンの中の工夫。
  8. ご褒美